夏休みの最終日!平和で楽しい夏休み最終日を迎えらるためには?

夏休み 最終日

世の親御さんにとっては、メンドクサイ日々がやってきます。
そう、夏休み!

小学校低学年なら、宿題のフォローをしてやらなきゃいけない。
親がペース配分してやらなきゃ、なかなかやれない。
それ以降も、ちゃんと宿題が進んでいるか、たまに監視しなきゃいけない。
思春期のヤツラは、口出しすると怒る。
かといって、親が何もしないとすねる。
なんなら何もしない。

宿題だけじゃないですね。
生活リズムが狂って、だらだら過ごすくせに家の手伝いもしない
ハラ立ちますよね!
「お腹すいたー!お昼ごはんなぁにー?おやつまだー?」
イライラしますよね!

ただでさえ暑くてジメジメしてるから嫌な季節なのに。
倍率ドン!さらに倍!のイライラにさいなまれますね。

まぁしかし、当の本人にとってはやはり「宿題」が大問題です。

世の親御さんも、思い出してみてください。
果たして夏休み最終日、自分がどう過ごしていたかを…
それを思えば、ちょっと子供にやさしくなれる…かも…!?

「宿題は計画的に!夏休み前半に終わらせるタイプ」

時々、こういうすんばらしい人が世間にはいらっしゃいますね。

夏休み後半、テレビの情報番組などのインタビューでも
「宿題は、もう終わっちゃったから今日はたくさん遊びます。」
と、余裕のよっちゃん顔で、エンジョイするタイプ。
マスコミの方としては「まだ終わってない、どうしよう。」
という答えを待っているだろうに。
個人的に「マスコミクラッシャー」と呼んでいます。

彼らは、夏休み後半に残しがちな、読書感想文や自由研究などの
「大物」も、さらっと華麗にこなしてしまうのです。

「夏休みの友」や「計算ドリル」「漢字の書き取り」なんて
おちゃのこさいさい。
ひたすら、コツコツやってサクっと終わらせますね。
成績も良い、優等生に多いですよね。
ていうか、優等生だからこそですね!

「解らないから後回しにしよう」→そんなのばかり溜まって嫌になる
という悪循環とは、ご縁がありませんから

日誌の天気だって、毎日コツコツ書いてきたから
「何月何日って、お天気はなんだっけ!?」と聞いては
「知らないよ!なんで毎日書いておかなかったの!!」と
親に怒られることもありません。

…今は、インターネットが普及しているから、こういう会話は無いですね…
ウラヤマシイですね。

大人としては、非常にありがたく楽なタイプではありますけどね。

「後先は考えない!いつ楽しむの?今でしょ!タイプ」

筆者、このタイプです。
今でも覚えています。
小学校一年生の夏休み最終日、8/31。

読書感想文が終わらずに、夜中の0時を回ったこと。
当時、日付をまたぐほど起きていたのが人生初でした

宿題終わっていない。
すでに9/1になっちゃっている日付。
焦る小学校一年生!繰り返しますが小1です!
眠いしまだ書けないし、お母さん怒ってるし。
初の夏休み&宿題にペース配分を間違えたのですね。
思い出すたびに、色々な意味で震えます。
何とか9/1の0時30分に終わらせて、始業式は意識モウロウとしていました…

筆者は決して不真面目な子供ではありませんでしたが、
いかんせん、メンドウな事を後回しにする悪い癖の持ち主。
それは、いまだにですけど…

で、再放送のアニメを見てごろごろしたり
プールに遊びに行っちゃったり
宿題たんまり残ってるくせに「ヒマだなぁ」とのたまっちゃう。

とまあ、筆者のように「現実を見つめない、めんどくさがりやさん」が
陥ってしまうパターン。

マメな性格ではないので、後から日誌の天気をテキトウに書いてしまうのも
このタイプですね。
あ、ドキッとした方。気が合いそうですね。

自分の子供がこのタイプだった場合、ものすんごく!ヤキモキしますね
幸い、筆者の上の子供(小4)は比較的コツコツ派なので助かりますが
下の子(小1)の秘めたるポテンシャルに、今からとてもハラハラします。
初めての夏休みがやってくるのです。
ちなみに性格は、下の子のほうが筆者に似ています…

歴史は繰り返す。
いさぎよく諦めることにします。

「宿題!?やってないけど、まあいっか~!タイプ」

こちらも、たまにいらっしゃいますね。
開き直り型。
度胸がいいというか、なんというか…

筆者が学生の頃にも、始業式に先生に叱られている人がいましたね。
クラスに2~3人くらいはいたような気がします。
で、当然先生は宿題をさせようと頑張るのですが、なかなかできない。
結局、そういう子が宿題を完成させたのは…
九月も半ばになってから!!

さすがに筆者といえども「なんで宿題ちゃんとやってこないんだろう」って
思ったものですよ。

親になった今としては、いっちばんなってほしくないタイプですけどね。

世間には色々な考えの親御さんもいらっしゃるから、
まぁ余りツッコんでは言えませんけど。

しかし、学年が上がって宿題が難しくなったり量が増えるほど
比例してこのタイプが増えていった記憶があるので
筆者も、子供達がそうならないように気を付けます


にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 その他生活ブログへにほんブログ村 OL日記ブログへ

まとめ

いかがでしたか?
親となってから、自分がコツコツやらなくて痛い目見たので
「〇日までに読書感想文はやっちゃいなさい!」とか口出しをしています。
まだ、言うことを聞いてくれますけど、反抗期が来たらどうしよう…と
今からドキドキしています。

特にお母さま方、お子さんの宿題の面倒を見られますよね。
理想はコツコツタイプですが、ご自分の過去を振り返って
うまく手綱を取りつつ、なるべく広い心でまいりましょうか。

そして、平和で楽しい夏休み最終日を迎えられますように!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする