梅雨の洗濯 もう臭いで悩まないとっておきの解決方法とは?

一年の中で主婦を悩ませる梅雨シーズンには毎年苦労させられますね。少しでも楽に解決できる方法はないか調べてみました。梅雨は一ヶ月半ほど続きますし、洗濯は毎日の仕事ですからストレスもたまります。家族が多くて洗濯機を何度も回す家庭では本当に大変ですね。

梅雨の時だけでも洗剤を変えてみよう!

洗濯の悩みとしては「臭い」が一番多いですね。せっかく洗って乾かしても、いざ使う時に「臭い!」となると着る気も失せるしタオルなども顔をつけるのをためらってしまいます。臭いの原因は繁殖した雑菌です。

最近では「抗菌」や「消臭」効果のある洗剤や柔軟剤が売られていますので、この梅雨時期だけでもそのような洗剤に替えてみるのもいいですね。また、「酸素系漂白剤」の使用もお勧めです。洗濯をするときに普通の洗剤と一緒に酸素系漂白剤も入れると、除菌・消臭に効果があります。

洗濯が臭うからといって香りの強い柔軟剤をたくさん入れて対策をする方もいますが、臭いが混ざってよけい臭くなる場合もあるのでやめましょう。

<梅雨時期にお勧め洗剤を3つ紹介します>

1.部屋干し用アリエール(ジェルタイプ)・・・この洗剤はファブリーズとレノアとの共同開発されたものなのです。聞いただけで臭い対策バッチリ!と思えますよね。

2.部屋干しトップ(粉末・液体タイプ)・・・昔からあるなじみの洗剤ですね。こちらは除菌効果がありますが、値段もリーズナブルですしたくさん洗濯ものがあって何度も洗濯機を回す家庭にはありがたいです。

3.ボールド(ジェルボール・液体タイプ)・・・ボールドには柔軟剤が入っているので洗剤と柔軟剤を買っている方より経済的です。ジェルタイプより液体タイプのほうが安いです。

梅雨の汚れは洗濯機に入れる前に落とそう!

汚れの強い洗濯ものを他のものと一緒に洗ってしまうと汚れや菌が全部に移ってしまいます。ですから面倒でも洗濯機に入れる前に個別に汚れを落とすだけで臭い対策になります。

食べこぼしなどの汚れはキッチン用洗剤で落とします。汚れの原因が油ですので、洗濯用洗剤よりもよく落ちます。ポイントは乾いた状態で洗剤をつけるということです。
濡らしてからつけると汚れが広がってしまいます。しばらく置いておいたらお湯や水で洗い流してから洗濯機に入れます。

汗臭い洗濯ものには除菌が効果的です。特に運動部などの部活をやっている男子などの洗濯ものが激しく臭いますね。普通の洗濯ではまったく臭いが落ちません。大量の洗濯ものが出て泣いているお母さんも多いでしょうが、がんばりましょう!

こちらの汗汚れには「酸素系漂白剤」を使います。お風呂くらいの温度のお湯に酸素系漂白剤を入れて、汚れた洗濯ものをその中につけて15分ほど置きます。少しすすいで普通に洗濯機で洗います。

臭い対策も大事ですが、漂白剤につけると服の繊維が傷むのでデリケートな服などはやめたほうがいいかもしれません。作業着とかユニホームや体操着などくらいがいいですね。

洗濯機の掃除もマメにしよう!

洗濯ものの汚ればかりに気を取られて洗濯機の掃除はしていますか?うちは穴なし槽なのでカビが生えないのかと勝手に思っていましたが、裏側はカビでびっしりでした。カビが生えることを知って、あわてて洗濯槽用洗剤を買ってきてカビとりをしたのですがびっくりするほど浮いてきました。

この中で洗濯をしていたのかと落ち込みました。梅雨時期はカビ掃除をしてもしても生えてくるのでこまめに掃除をお勧めします。ゴミ取りネットにもカビが生えやすいので、酸素系漂白剤につけて置くと真っ白になって気持ちいいです。

まとめ

梅雨時期の洗濯についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?少しでもお役に立てれば幸いです。

生乾き臭の強い洗濯を着ていると、本人だけではなく周りの人にも迷惑をかけるので本気の対策をお勧めします。私もお勤めのころ、すごく臭う方の隣に座っていて泣きそうになりましたが、本人に臭いとは言えず(とてもデリケートな話題ですね)耐え抜きました。
自分の家族がそんな思いをしてたらかわいそうなので、臭い対策がんばりましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする