義理の父への父の日のプレゼント!迷わないための相場と具体例!

義理の父 父の日

2017年は6月18日(日)が「父の日」になります。しかし、父の日は母の日のカーネーションのように定番がない為、「何を贈ったら良いのか分からない」なんて迷っているうちに気が付いたら父の日が過ぎていた、なんて事になりかねません。

義理の父へのプレゼントは、どうしたからいいのか。特に、迷ってしまいがちですよね。そういった方へ抑えておきたいポイントをまとめてみました。ぜひ、参考にしてみて下さいね!

義理の父へ父の日の贈り物は必要?

結婚して嫁いだ方には、自分の父親と、もう一人。義理の父がいますよね。
義理の父へプレゼントは必要でしょうか?

・義理の父への感謝を伝えたい
・上手に家族関係を築きたい
といった理由から贈られる人が多い一方で、

・誕生日プレゼントだけと決めている
・プレゼントはあげる習慣ない
といった人もいます。

それぞれの家庭の事情もあるので、一概には言えませんが、結論としては、「父の日のプレゼントは、貰った側に喜ばれるので、あげた方が良い」ですね。

ただ、注意して欲しいのは、『母の日に義理の母へプレゼントを贈ったのなら、父の日も義理の父へプレゼント贈くるようにする』事です。

母の日は定番のカーネーションがあるので贈りやすいのではないでしょうか?それに、「義理の父より義理の母の方がお世話になっているから・・・」といった人もいると思います。

しかし、義理の父からしてみたら、当然、「俺にはないの?」と、口には出さなくても とても悲しむと思いますよ。

せっかくの心温まるイベントですので、悲しい思いや、変な亀裂を生まない為にも、母の日を贈ったのなら父の日も必ず贈るようにしましょうね。

父の日プレゼント相場

父の日のプレゼント相場は5,000円未満が多いようで、約50%の人が5,000円未満のプレゼントを選択しています。他には、5,000円以上・値段にこだわらない派も多く、二極化しているそうです。

ただ、忘れてはいけないのは「父の日は、毎年やってくるもの」だということです。母の日も含め、毎年のことなので、無理のない金額で贈るようにしましょうね。

また、高価すぎるものも、もらったほうが気をつかってしまう事もあります。

「我が家の場合は、いくらぐらいがベストなのか?」

父の日のプレゼントを選ぶ時は、金額の相場も頭に入れてプレゼントを選ぶようにしましょうね。

どんなプレゼントがいいのか?

大抵の人は義理の母に比べ義理の父は、たくさんお話する機会もないのではないでしょうか?

「どういったものをプレゼントされれば喜んでくれるのか?」

もちろん、普段から義理の父といろいろお話ができて、趣味や好みがわかっているなら心配ありませんが、そうでない方は、なかなか難しいですよね。

衣服は、好みがあるし。電化製品は、操作が分からないと、全く使ってくれない。趣味のものは、こだわりがあるだろうし・・・。

一人で悩むよりも、『家族に教えて貰う』がベストだと思います。身内ならよく知っているはずです。義理の母や、旦那さんから聞いておくようにしましょうね。

プレゼント例

・食事に誘う

距離が近いのなら、食事に誘うのもいいと思います。「父の日のプレゼントに一緒に食事に行きませんか?」と誘ってみましょう。

いつも義両親と食事に行くと奢ってくれるという方は、あらかじめ「父の日のプレゼントですから、お会計はこちらで支払います」といった意思を伝えておきましょうね。

私の場合、旦那の義両親は食事から買い物まで一緒に行くといつも支払ってくれていました。

色んな家庭があると思いますが、男親の場合は特に、「自分の子供は大人になって家庭を持ったとしても、やっぱり子だから」という感覚があるからだと思います。

でも、せっかくのプレゼントですし、奢ってもらったら、なんか違う気がして、食事に誘う時にあらかじめ伝えておきました。

そうすることでスムーズにお会計を済ませることが出来ましたし、義理の父からも「ありがとう、ご馳走様」とすんなりと言ってもらえました。

ちょっとした心配りが大切だと思いますよ。

パジャマやポロシャツなどの洋服

服にこたわりがあったり、仮に服に無頓着な場合でも、義理の母が準備している事があるので、洋服を送る場合は家族への聞き込みが必要不可欠です。

喜んでもらうためにもしっかり好みを知っておきましょう。

お酒

「お酒が、好きだから」とお酒を選ぶ方も多いのではないでしょうか?しかし、一口にお酒と言っても「ワイン」「焼酎」「日本酒」「ビール」など様々な種類があります。「特にどんなお酒が好きなのか?」

しっかり確認しておきましょう!

お肉

私の場合、お肉は父の日の定番です。ちょっと高価な牛肉を買って、家族で楽しんでもらっています。義実家は、しゃぶしゃぶをする事があるので特に喜ばれます。

義理の父が「お肉苦手・・・」なんてことがなければ、お肉は貰って困る事ないのでオススメですよ!

まとめ

外から来た嫁としては、これから家族としての関係を築き上げる中で、日頃の感謝を伝えることはとても大切な事です。

こっちが言わなきゃ向こうだって、どう思っているのか分からないのですから、目に見える形で「ありがとう」を伝える事で「いい関係を築けてるのかな?」と思ってもらえると思いますよ。

ぜひ、父の日にプレゼントをあげてみて下さいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする