専業主婦の子育ての悩みの種となるものとは!?わたしのあるある3選

専業主婦 子育て 悩み

子どもが、男の子でも女の子でも
子育てというものは、いつでも大変です。
専業主婦のママたちは、子どもといる時間が多いので
子どもに構ってあげられる時間も、働いているママたちより
必然的に長くなるのです。

子育てで悩んでいること。
専業主婦のママだから出来る解決法を、私の体験談とともに
3つほど紹介していきますね。

スポンサードリンク

言葉遣いについて。

特に子どもが女の子なら尚更。
今の時代、女の子も男っぽい言葉遣いをすることが多いですので
ママが気にすると言うより、パパが・・・。
実際、うちは、私より旦那の方が気にしています。

言葉と言うのは、自然と耳から入ってくるもので
パパやママ、その周りの人が言葉遣いを気を付けてからと言って
子どもが綺麗な言葉遣いになるかと言われたら
そうでもないですよね。

保育園や幼稚園、スーパー、テレビなど。
汚い言葉を吸収する場所はいくらでもあるものです。

パパやママが、言葉遣いを気を付けることはもちろんのこと
子どもが汚い言葉遣いをしたら、その都度修正してあげることが
将来そういった言葉遣いにならないようになりにくいです。

私自身が、あまり綺麗な言葉遣いではないですが
私は綺麗か汚いかというより
相手のことを思いやられるか、そうでないかの方が
大事なのでは?と感じます。
親という立場上
言葉遣いについても注意を促さなければなりませんが・・・。

たとえば、子どもが友達のことを名前で呼ばずに
「お前」と呼んでいた場合。

「○○って名前があるんだから、名前で呼んであげようよ」と
名前の存在を疎かにしないことを伝えたり
「名前は両親からの初めてのプレゼントだから」と
どれだけ大切なものなのかを教えることが大切。

子どもの「なんで?」に「なんでも!」と答えるママがいますが
それでは子どもは納得いきません。
それと同じ原理で
どうして「お前」言ってはいけないのかを明確にすることが
ポイントになって来るのです。

専業主婦ならではの
子どもに構う時間が多くあることを活用して
ひとつひとつを掘り下げて説明してあげるのも
ひとつの子育て方法ではないのでしょうか。

興味のあるものが狭い。

うちの場合、お義母さんが気にしていることでした。
私自身が重要視していなかった為、お義母さんから言われて気づいたのが
「なんだか○○ちゃん、興味のあるものが女の子らしくないのよ」
と言われて、最初は
「そのうち興味のあるものも変わってくるでしょ」と思ってましたが
一向に興味のあるものが変わらず。

うちの子、女の子ですが・・・
興味のあるものは車、好きなことはドライヴなんです。
絵本も好きでしたけど、
開くページは大体そう言ったものが載っているページでした。
パパやママとドライヴすることが多く
旦那の観ている映画なども車が出てくるものが多いので
明らかに影響を受けていますよね。

興味のあるものが男の子っぽいと言うのも、気になりつつ
なかなか他のものに興味が行かないのが
引っ掛かるところでした。

どうしたら女の子らしいものに興味を持ってくれるだろう?
どうしたらもっと他のものに興味を持ってくれるのだろう?と
頭を抱えてたのですが
これも、子どもの納得行く行かないの原理と同じなんですね。

あからさまに「こっちのおもちゃも楽しいよ~」と言って
女の子らしいおもちゃを与えられても
その面白さが分からなければ、面白さの知っている
自分の興味のあるものから、離れないのです。

sponsored link

しかし、女の子らしいおもちゃは
どういったところが楽しいのか、面白いのか。
ある程度ママも一緒に遊んでみることが大事です。
これは、おもちゃだけに関わらず他のことにも言えることですが
「子どもの視野を広げてあげること」に繋がってくるんですね。

そうすることで、あんなに車にしか興味のなかった我が子は
おままごともするようになりましたし
お絵描きも大好きになりました。
2歳の娘から言われる言葉は「ママ車描いて~」ですが・・・(笑)

こうやって、子どもの興味が湧くまで相手をしてあげられるのも
専業主婦だからこそしてあげられることです。
仕事をしてるママは、子どもと一緒に遊びたくても
出来ないのですから。

最終的には子どもが自分で興味のあるものを定めるでしょうが
それまでの道筋は、出来るだけ広げてあげたいものですね。

子どもとママが一緒に居過ぎてパパになつかない。

子どもはママが大好きです。
パパもじいじもばあばも好きなんだけど、やっぱりママが良いもの。

特に日中は、ママと一緒にいることの多い子ども。
残業続きのパパには、あまりなついてくれないと言う話も
よく耳にしますよね。
休日、パパがおうちに居ることだし
買い物ひとりでちゃっちゃっと行ってきたいな~と思っても
ママが玄関に立てばギャン泣き・・・なんてことも。

しかし、それもひとつのやり方で変わってくるのです。

パパと子どもが一緒に居る時間が少ないからと言って
パパが我が子のことを大切に思ってないかと言われたら
そんなことはないですよね。
それを子どもに伝えることが大事なんです。

パパは仕事頑張ってくれているんだよ。
パパも○○(子どもの名前)と一緒にいたいんだよ。
パパが一緒に居ないと寂しいね~など。

子どもとパパが一緒に居ない日中でも
パパの話をすることで、子どもも自然とパパの話を
自分から振ってくるようになります。
そして、子どもの記憶のなかに、パパはどんな人物なのかと言うことを
明確にするのです。

パパと接することが少ない。パパがどんな人が分からない。
では、急に休日にパパと二人にされても困惑するだけですよね。
子どもは納得しないとその状況を受け入れられない原理と
同じことなのです。

うちの旦那は残業が多く、夜勤続きの時などは
ほとんど子どもと話す時間がありませんが
子どもとお風呂に入っているとき
「パパが居ないと○○(子どもの名前)寂しい」
「今日も夜勤?」と言われてました。

折角、日中子どもと一緒に居るのですから
パパの良いところを沢山話してあげたり
パパの心境を代弁してあげたりして
子どもとの会話も増やしてみてはいかがですか?


にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 その他生活ブログへにほんブログ村 OL日記ブログへ

まとめ。

いかがでしたでしょうか。
子育てに関して、いつもベースに置いておきたいことは
「子どもの納得に繋げること」です。
子どもたちにとって、納得の行かないことを理解しなさいと言うのは
「大人の都合」にしかならず
「教育」や「しつけ」にならないのです。

私たちがそんなつもりはなくても
子どもたちはそう感じてしまうことが多いです。

その感情が続いてしまうと、年中・年長・小学生・・・となっても
「どうしてママは怒ってるんだろう」「何が悪かったんだろう」
と言う、考える部分が育たず
「ママが怒ってるから謝らなきゃ」
と言う考えにしか、繋がらなくなるのです。

自分で考える力を、小さいときから育てて行きたいものですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする