お盆休み2017年はいつ?お盆の時期やお盆にする飾りつけなど!

お盆休み いつ 2017

お盆という言葉を聞いたことはあるけど、詳しいことは知らない。
そんな方も多いのではないでしょうか?
そこで、お盆というものがどういう意味のあるものなのか、期間やお盆の種類などについて詳しく解説します!

スポンサードリンク

お盆がどういうものなのかを知りましょう。

お盆とは、一般的に先祖代々の霊が家に帰ってこられるという話を聞きますよね。
その際に、ご先祖様を供養する行事です。
小さい頃から、何らかの形で参加していることが多いですよね。
お盆の時期は、一般的に8月13日から8月16日までの4日間に行われることが多いです。
しかし、旧暦の7月15日ごろを中心として行われる地域もあるそうです。
旧暦の7月15日頃は、現在の8月15日前後をさします。
あなたの地域では、お盆はどの時期でしょうか?
また、お盆には(迎え盆)(盆明け)(送り盆)という言葉がありますよね。
言葉の通りですが、迎え盆とは、ご先祖様をお迎えする日。
送り盆とは、ご先祖様をお見送りする日です。

盆入り、迎え盆

13日。
主な行事としては、ご先祖様を家にお迎えします。
家にある仏壇や、お墓の掃除をし、お墓参りをします。

盆明け、送り盆

14日から15日。
供養の儀式を行う日。

盆明け、送り盆

16日。
送り火をし、ご先祖様をお送りします。

これは、一般的なものであり、地域によって異なる場合もあるので、地域の情報を確認しておきましょう。

迎え盆を12日や14日。送り盆を15日とする地域もあるようです。
このように、時期も少し違っていることがあるようですね。

新盆と初盆

お盆という言葉に加えて、新盆と初盆という言葉もあります。
それぞれは、その年に亡くなった方が四十九日を過ぎて、初めてお迎えするお盆のことを言います。
お盆の時期に、四十九日をあけていない場合には、次年度のお盆を、新盆・または初盆として迎えることとなるのです。

お盆は大事な行事ではあるのですが、新盆・初盆は通常のお盆よりも重要視されていて、お寺からお坊さんに自宅まで来てもらい、お経をあげてもらうことが一般的です。

通常のお盆には、身内や近い親戚が集まりますが、新盆・初盆では、身内や親戚、その他にも友人や知人、亡くなられた方と親しかった方をお招きし、法要を行います。

お盆時期には、法要を行う家庭が多いため、早めに予約を入れていないとなかなか対応してもらうことが出来ず、こちらの希望にそわないこともあるので、早めに予約を入れましょう。

お盆にすることは・・・?

お盆独特の飾り

精霊棚の飾りつけを行います。
精霊棚とは、お盆の時のみに使われる祭壇のようなものです。
また、お盆の間は仏壇の扉は閉め、その前に飾りつけをします。

sponsored link

盆花を飾る

盆花とは、精霊棚の網に逆さにつるす花です。
逆さにつるす代表的な盆花には、ほおずき、ガマの穂枝豆などが挙げられます。
※地域によっては、盆花を網につるすことなく花瓶に盆花を飾るだけの地域も
あるそうです。

きゅうりの馬、那須の牛

きゅうりと那須を使って、馬や牛を作り飾ります。
馬を作る理由としては、少しでも早くお越しくださいという気持ちを込めて。
牛を作る理由としては、家にお越しいただいた後はゆっくりとお帰りください
という気持ちを込めて。
それぞれに意味を表しています。

盆提灯

盆提灯とは、お盆の時期のみに用意する飾りで、ご先祖様が迷わず戻ってこれるよう
照らす役割があります。

※盆提灯には、白提灯というものもあり、初盆、新盆の時には白提灯を使います。
初盆、新盆を過ぎた次の年からは盆提灯というカラフルな提灯の2種類があります。

お迎え団子

盆入り13日頃にお供えする団子のことをさします。

※宗教や地域によって、前日の12日からお供えする所もあるそうです。
お盆のお供え物は、日替わりで用意する風習があり、13日にお供えするものが
お迎え団子だったのですが、現在はお盆期間中、同じものをお供えすることも
あるようです。

おちつき団子、お供え餅、お供え団子

お精霊様が14日から15日におられる間にお供えするお供え物をさします。
おちつき団子という名前で販売されている代表的なものは、おはぎです。
お供え団子という名前で販売されている代表的なものは、シンプルな白い
お団子です。
また、組体操でのピラミッドのように積み上げられたものを
お供えすることもあります。

送り団子

16日の盆明けにお供えする団子のことをさします。
宗教や地域によっては、前日の15日からお供えをするところもあるそうです。
お送り団子という名前で販売されているものには、シンプルな白い団子などが
あります。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 その他生活ブログへにほんブログ村 OL日記ブログへ

まとめ

お盆についての話をしてきましたが、いかがでしょうか?
少しは、お盆に関心を持っていただけましたか?
最近では、このような日本の風習について知っている方も少なくなってきています。
現在のことを知ることも大切ですが、昔からの伝統を引き継いでいくことも、やはり重要なことだとは思いませんか?

そして、お盆の意味をしっかりと知ることで、ご先祖様に対する感謝の気持ちが溢れてきますよね。

これらの事を身に着け、今年の夏はご先祖様や親戚の方々と大切な時間をお過ごしになってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする