梅ジュースの効能って?こんなにあった!ビックリの6つの効能とは?

健康や美容に様々な効能があると言われている「梅」。ジュースにすれば、もっと手軽にとることができるし、便利ですよね。最近ではAmazonや楽天などのネットショップでもかなり人気のようですが、では、梅ジュースってどんな効果があるんでしょうか?

ここでは、梅ジュースにどんな効能があるのか、関心をお持ちのあなたのために、詳しくお伝えしていきますね!

スポンサードリンク

疲労回復作用

「梅」という言葉を聞いただけで、思わず口の中が酸っぱくなってくる方、いらっしゃませんか?私もその一人ですが、その酸っぱさの元を作っているのが、「クエン酸」。最近はサプリメントとしても売っていたり、スポーツドリンクにも含まれているクエン酸ですが、心身の疲労、肩こりや筋肉痛などの予防・改善にパワーを発揮してくれるのだとか。したがって、そんなクエン酸を豊富に含む梅ジュース、当然疲労回復にも効果を発揮してくれるのです。

 ダイエットをスムーズに!

「クエン酸」のもう一つのウレシイ働きが、ダイエットサポート効果。私たちの体には、食物から取った栄養素をエネルギーに変えるという働きが備わっています。その働きの中で、重要な役割を果たすのが、「クエン酸回路」。効率よくエネルギーを生み出すためには、まさに必須!の回路なのですが、この時、クエン酸が不足するとこの回路の働きは一気にダウン。いわゆる「代謝が悪い」状態に陥ってしまいます。そのため、ダイエットをスムーズに進めたい!という方は、クエン酸を十分に摂り、この回路の働きを活発にする必要がアリ。そんな体作りを目指す方にも、クエン酸を多く含む梅ジュースはオススメなのです。

お通じ改善効果

私もその一人なのですが(泣)、お通じの悪さで悩んでいる方、結構いらっしゃるのではないでしょうか?そんな方のお悩みにも、梅ジュースに含まれるクエン酸はパワーを発揮。便秘の種類の一つに、腹筋が弱くなり、腸の動きが鈍くなることで起こる「弛緩性(しかんせい)便秘」がありますが、クエン酸は腸まで届いて、そんな鈍くなった腸の動きを活発に。それと同時に、腸内の悪玉菌を殺菌してくれるので、お通じ系のトラブル解決も期待できるのです。

sponsored link

ミネラルの吸収をスムーズに

現代人には不足しがちなミネラル。最近ではサプリメントも出ていますが、残念ながら、ミネラルの中に、カルシウムや鉄、亜鉛など、それ単体では吸収されにくいという超気難しい性質のもの(泣)もあります。しかし、クエン酸には、そんなミネラルを包み込んで吸収しやすい状態に変化させる働きがアリ。これは「キレート効果」と呼ばれていますが、この効果のおかげで、カルシウムや鉄、亜鉛なども効率よく摂ることが可能に。こうしたミネラルがうまく摂れれば、疲れにくくなりますし、美肌など美容レベルのアップも期待できます。

血液の流れを良くする

全身に必要な栄養素や酸素を届けている血液。しかし、運動不足やストレスなどが溜まると、そんな血液の流れも滞りがちに。また、女性には貧血や低血圧でお悩みの方も多いと思いますが、そうした方は血行不良による体調の悪化や、お肌のトラブルにも見舞われやすいので、注意が必要です(泣)。しかし、梅ジュースに含まれるクエン酸やリンゴ酸には血液の流れを良くするパワーがアリ。血行がよくなれば、女性を悩ませがちな冷え性やむくみの改善も期待できますし、お肌の生まれ変わりもスムーズに。血行不良にお悩みの方には、ウレシイ効果が満載なのです。

肝機能のアップ

代謝や解毒、たんぱく質の合成など、人間の健康を維持する上で重要な働きを担っている肝臓。けれど、ストレスなどで、肝臓が正常に働かなくなると、疲れやすくなったり、お肌が荒れたり、など様々なトラブルが現れるので、要注意です。しかし、梅ジュースに含まれる「ピクリン酸」には、肝機能を高める働きがアリ。健康な肝臓を保つことができれば、疲れにくくなりますし、シミやくすみの原因になるメラニンの発生を抑えることも可能に。健康維持を目指される方はもちろん、美肌キープを目指す方にも梅ジュース、まさにオススメの逸品なのです。

まとめ

・疲労回復作用

・ダイエットをスムーズに!

・お通じ改善効果

・ミネラルの吸収をスムーズに

・血液の流れを良くする

・肝機能のアップ

など、健康・美容にウレシイ効果満載の梅ジュース。もちろん、これだけ飲んでいれば、全て解決というわけではありませんが、こんなにスゴイパワーが詰まっているのなら、試してみる価値アリですよね。

最近では作り方を公開しているHPもありますし、多忙な方のためには、冒頭で書いたようにネット上で販売もされている模様。私も一度試してみようかな、と思っているところです!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする