ハロウィンの由来は?意外と知らないハロウィンの由来や意味と風習について

ハロウィン 由来

近年、日本でも大盛り上がりを見せているハロウィン
街中で仮装をしたり、ハロウィンイベントがあったりしますよね。

幼稚園や保育園でもイベントが企画されていたりするのではないでしょうか?
でも、ハロウィンについてどのくらい知ってますか?

仮装をして、かぼちゃのランタンを飾り、お菓子を配る、、、。

そんなイメージがあるくらいの方が多いのではないでしょうか?
今回は、ハロウィンの由来は?なぜ仮装をするの?日本に定着したのはいつ?などについてご紹介していきます。

スポンサードリンク

ハロウィンの由来は?

ハロウィンが日本に伝わったのはアメリカからだとされています。
なので、アメリカがハロウィンの発祥の地だと思うかもしれませんが、実は違うんですよ

ハロウィンの起源は、古代ケルト人が行なっていた、秋の収穫祭や悪魔祓いの儀式とされており、発祥の地はスコットランドやアイルランドといわれています。

ケルト人の1年の終わりは10月31日で、その日は収穫を祝うお祭りとともに、悪い霊を追い払う宗教的なお祭りも行われていました。

これに、キリスト教の万聖節が結びつき、ハロウィンとなりました

万聖節とは、カトリック教会の祝日の一つで、「全ての聖人と殉教者を記念とする日」とされ、死者の魂がこの世に戻ってくると考えられており、その期間にお墓参りをしたり、亡くなった人に祈りをささげたりするものです。

日本でいうお盆みたいなものですね
つまり、ハロウィンはカトリック教会の祝日の一つである万聖節(11月1日)の前夜に行われるお祭りということになります。

ハロウィンの語源は?

万聖節(11月1日)の前夜(10月31日)を英語で、「All Hallow Eve」と言って、この言葉が訛り簡略化されたのが、Halloween と呼ばれるようになったとされる説と、
神聖な夜(Hallow 神聖な Evening 夜)が合わさったとされる説もあります。

ハロウィンに仮装をするのはなぜ?

昔のケルト人は、1年を11月1日から始まり10月31日で終わるという歴を使用していました

昼の長い「春」「夏」と昼の短い「秋」「冬」の2期に1年を分けていたとされています。
年末である10月31日には、昼は新年と冬を迎える儀式を、夜には死者の祭りを行っていたとしています。
この死者のお祭りは、先ほどでも説明した通り、日本のお盆のように、死者先祖の魂が帰ってくると考えられていました。
ただ、先祖だけでなく悪い霊や魔物なども一緒に帰ってくると信じられていたので、その点では日本と少し違いますね

悪い霊や魔物などは、子供を連れて行ってしまったり、作物や家畜にも悪さをすると考えられていたため、家や村を訪れる悪い霊たちを追い払うために、仮面をかぶったり、魔よけの焚き木を焚いたりして、悪い霊を驚かせるようになりました
また、同じような怖い格好をすることで、悪い霊や魔物の仲間だと思わせ、襲ってこないようにするという説もあります。

これらのことから、ハロウィンでは「魔除け」の意味で仮装をする習慣が出来ていったと言われています

sponsored link

ハロウィンではなぜカボチャを使うの?

ハロウィンといえば、カボチャのランタンを思い浮かべる方も多いのでは?
ハロウィンに近づくと、よく見かけますよね。
しかし、もともとはカボチャではなくカブをくり抜き、中に火を灯していました。
また、怖い顔にくり抜くのは、悪い霊や魔物を追い払うためです。
ですが、ヨーロッパからアメリカに伝わるときに、カブではなくカボチャが使用されるようになっていきました。
それはアメリカでは、カブよりもカボチャが多く収穫されていたからだといわれています。
現在でも、スコットランドではカブが使用されているんですよ。
日本では、アメリカ式のカボチャを使う方法が広まっているんですね。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 その他生活ブログへにほんブログ村 OL日記ブログへ

ハロウィンはいつ日本に定着したの?

近年、日本ではハロウィンは広く知られており、毎年仮装をして街へ繰り出す人たちがどんどん増えていますよね。

でも、昔から定着していたわけではなく、日本で最初にハロウィンが行われたのは、1983年に開催された原宿にある総合カルチャー産業のフランチャイズ店でのイベントやパレードだとされています。
それから、東京ディズニーランドやユニバーサルスタジオジャパンなどのテーマパークが
ハロウィンのイベントを行って認知度を高めたり

小学校で英語の授業が行われ、英語圏の文化を知る機会が増えていったこと、

さらにはアニメ文化やコスプレ文化が日本ではあったため、仮装をするということに抵抗が少なく、娯楽として楽しむ人が多かった

などということがハロウィンの盛り上がりを助長させたと考えられます。

クリスマスやバレンタインなどと同じように、宗教的な意味合いは少なく、あくまで商業的要素の強いイベントとしてはじまり、それが受け入れられて現在の人気となっていますね。

そのため、仮装に関してもアニメや漫画のキャラクターなどハロウィンの意味を理解したうえでの仮装ではなく、個人個人の好みの仮装を楽しむ人たちが多いです。

まとめ

いかがでしたか。
ハロウィンの由来を知ると、これまでとはまた違った意味で楽しめるのではないでしょうか?
今年のハロウィンはカボチャではなく、カブでランタンを作ってみてはいかがですか?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする