子育て中の仕事は在宅ワークがオススメ!メリットとデメリットは?

子育て 仕事 在宅

子育て中に、外へ働きに出るのはなかなか難しいもの。
雇っては貰えたものの、パート中に保育園から電話・・・。
子どもが熱を出したから迎えに来て下さい、なんてよくあることです。
そう言ったことが重なると、だんだん職場にも居づらくなってしまい
結局短期間で辞めて、あまり稼げなかった。
そんな経験はありませんか?

今の自分の置かれている状況に合わせて仕事の
時間が選べるのは
外で働くよりも、断然在宅ワークの方が融通が利きます。

それでは、在宅ワークのメリットについて4つ程。
それと、デメリットについて、紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

在宅ワークのメリット

メリットその① 自分の好きな時間に仕事が出来る。

外に働きに行くとなれば、大体時間が定まって来ますよね。
その時間帯に限って、保育園から電話が・・・。
家の用事が・・・。
でも、在宅ワークなら、その悩みは直ぐに解決!

もし子どもが熱を出して保育園を早退したり休んだりしたら?
子どもが落ち着くまで、お仕事を休むことが可能です。
仕事場に「休ませてください」と連絡を入れる必要も無いのです。

もし家の用事で
午前中は家をあけなければならないとか
今日は早めに子どもを迎えに行かなくちゃ
ならないのに・・・とかでも
大丈夫なんです。

午前中の用事を済ませ、一息ついてから。
午前中の空いた時間に。
夜寝る前に少しだけ・・・など。

自分のしたい時に仕事が出来るのが在宅ワークの良いところ。
隙間時間が多い子育て中の主婦には、持って来いの仕事ですね。
子どもの体調などを考慮して、お出掛けを避けた日など
そんな時のちゃっちゃっとお仕事出来ちゃうのも
在宅ワークの特徴ではないでしょうか。

メリットその② 自分の得意分野を活かしやすい。

在宅ワークって、シール貼りとか細かい部品作りとか
そんなのばっかりなんでしょ・・・?
そんなことないんです。
在宅ワークの種類も、かなり豊富なんです。

昔からあだ名を考えるのが得意だったママは居ませんか?
ネーミングと言って、商品やショップ名を
考える仕事があります。
人の良いところを見つけるのが得意なママには
商品の良いところを短文でまとめるお仕事があります。

他にも、持っている資格を活かしたお仕事や
こういった、テーマに合わせて文章を綴る
ライティングと言ったお仕事も。

自分に合った、得意分野を活かした仕事
始めてみませんか?

得意分野の仕事だと、自然と作業時間も早くなります。
家事の合間や子育ての合間などに持って来いですね。

メリットその③ 見た目を気にせず仕事が出来る。

外に働きに行くとなると
化粧に髪型、制服がないところなら格好まで
気を配らなければなりません。

パートに出る前に毎回身だしなみを整えるのって
結構面倒くさいですよね。
子どもの保育園の用意をしながら自分の用意となると
イライラポイントも溜まりやすいです。
わ、私だけでしょうか・・・。

でも在宅ワークなら
パジャマで作業しようがジャージで作業しようが
大丈夫なんです。
なんなら
素っぴんでも、適当に結った髪型でも問題ありません。
面倒くさがりな私には、本当に楽で仕方ないです。
朝は子どもの保育園の用意に集中出来ますので
バタバタすることが少なくなることでしょう。

sponsored link

もっと言うのであれば、元々素っぴんなものですから
化粧が崩れてないか、仕事中に心配しなくて良いですし
化粧する為に割いていた時間さえも
在宅ワークの作業に費やせると言うことです。

メリットその④ 自分の生活リズムが崩れない。

メリットその①でも言ったように、外で働いていると
色んなことのタイミングが合わないこと
多々有ることでしょう。
子どもが居ると尚更・・・ですよね。

しかし、在宅ワークは
今優先したいこと、優先しなくてはならないことを
その通りに出来ますので
子どもを一番に考慮出来やすくもありますし
何か用事がないときでも
ママ自身の体調があまり芳しくなくて休みたい時は
休むことが出来るのです。

私が外で働いていて、困っていたこと。
トイレと食事なんです。
仕事中は、なかなか自分のタイミングで
トイレに行かれないですし
勤務時間がお昼と被れば、自分のランチタイムが
ズレてしまったり、しっかり食べられなかったり。
でも、在宅ワークなら、トイレも自由!
ランチタイムも自由!

お昼御飯をいつも同じ時間に摂る事が出来
しっかり食べることが出来れば
家事育児で疲れてるママの体調も崩れにくいですよね。
トイレも自由となれば
便秘症のママも、自分の踏ん張りたい時に踏ん張り放題。

生活リズムが狂わないというのは
一家の健康管理をしている妻として、ママとして
嬉しいに越したことはないでしょう。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 その他生活ブログへにほんブログ村 OL日記ブログへ

在宅ワークのデメリット

その① ガッツリは稼げない。

朝から晩まで在宅ワークをしていれば
外に働きに出るのと同じくらい、それ以上も
稼ぐことは可能です。

しかし、大半のママは
隙間時間に在宅ワークをすることが多いでしょうから
基本的には「パートより少なめ~パート程」の
稼ぎですので
ガッツリ稼ぎたいママの場合は
在宅ワークのみでの仕事は難しいでしょう。

デメリットその② 息抜き感を感じにくい。

外に出ることなく、自宅で仕事をする為
アウトドアなママには、少し物足りなく感じることも?

身体を動かしたい!バリバリ働きたい!なママには
黙々作業なので
息が詰まってしまうポイントになりそうですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
在宅ワークに対する印象は、少し変わりましたでしょうか?

私も、在宅ワークを始めるまでは
もっと単調な仕事で飽きてしまうのではないだろうかと
思っていましたが
始めてみると、そんなことはなく
メリットも沢山ありました。

子どもの体調が悪いときに
「ママ、お仕事行かなくちゃいけないから・・・」と
言わなくて良いですし
自分の体調が悪いときも、頑張りすぎることはないですし
家事も疎かにならないので
旦那から怒られることも無いですし・・・(笑)

在宅ワーク、色んな境遇のママにオススメしたいです。
あなたの眠っている得意な部分や
もて余してる隙間時間、家事育児の隙間時間を活かして
生活の足しを稼ぎませんか?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする